港区/浜松町/芝大門からもすぐ カイロプラクティック/骨盤矯正|おいかわソフトカイロプラクティック治療院

目の疲れ

目の疲れ

目の疲れと眼精疲労は別のもの
目の疲れは体不調のシグナルかもしれません。


皆さんは「目の疲れ」と「眼精疲労」が別のものだということをご存知ですか?
一晩ぐっすり眠れば目の疲れが取れるのが「疲れ目」、
一方、休憩をとっても目の痛みや頭痛などの症状が残ったり、
回復したと思ってもすぐにまた疲れが出てくるのが「眼精疲労」です。

特に最近は、スマートフォンの普及により目を酷使する人が増え「メールをやりすぎ」
たり「仕事だから」とか「ゲームが面白いからもう少し」などと
目が疲れていても休むことをせず、
結果的に知らぬ間に「眼精疲労」に発展していることが多いのです。

「たがが目の疲れ」と放っておいたら、あとから怖いツケがまわってきますよ。

目が疲れる原因とは

目が疲れる大きな原因・・・それは「環境」
資格から得られる情報の氾濫だった!

厚生労働省の「平成10年技術革新と労働の実態調査」によるとパソコンを用いた作業で疲れを訴える人が増えたと認識している事業所は全体の約34%、さらに全体の9割を超える人が目の疲れを訴えているそうです。

そもそも人間が情報を獲得する最も重要な部分は目です。言葉によるコミュニケーションが全体の5%であるのに対し、視覚での情報獲得はそれをはるかに上回る8割超えといわれています。
それは仕事場に留まらず、パソコン・テレビ・ビデオ・スマートフォンや本・雑誌などにより私たちの生活そのものが目から入ってくる情報で満ち溢れ、視覚により情報を得ない日は皆無に等しい状態からも明らかです。

また夜型生活の人々が増えたことで、本来ならば日中に酷使した目を休めるための睡眠時間が大幅に削られている状況も、目の疲れを感じるようになった大きな原因といえるでしょう。

目の疲れの原因

精神的ストレス

・不安感、イライラ、不眠、自律神経失調症、うつ病、ヒステリーなど


これらのうち一つしか該当しない場合は、目の疲労は起きても眼精疲労にはあまりなりません。
目の疲れを引き起こすいくつかの小さな原因が重なりあって目の負担が増え、眼精疲労になります。

眼精疲労対策

なによりも、目を休ませてあげることが大切です。


目が疲れる原因はなんといっても目の使いすぎです。
その対応として一番望ましいのは目を休めることです。

目を閉じると眼球の筋肉を動かさないことになるので、
それだけで目を休めることができます。
というのは、睡眠中は当然目を使わないため、翌朝に向けて目を休ませ、
目の機能を回復させます。

ですので、まずは夜更かしをせず、睡眠時間を確保することです。



自律神経失調症や精神的なストレスなどの心的な要因が眼精疲労の原因となることも少なくはありませんし、
過労気味でストレスがたまっている人は目と共に神経も休める必要があります。


カイロプラクティック理論では、サブラクセーションにより頭の後ろの骨と頭の一番上の骨が圧迫されると目の神経に負担がかかり眼精疲労を起こると考えられています。
更に自律神経に負担がかかると、脳が疲労をおこし、五感の内ひとつの視覚に影響します。
それにより首から肩にかけての筋肉が硬くなります。このレベルでは、マッサージでは取れません。
また、長い間、目を酷使すると神経が緊張し、呼吸が浅くなり、骨格の歪みを発生させ、身体全体に影響を与えます。
当院はカイロプラクティックによりサブラクセーションを調整します。
カイロプラクティック理論では、カイロプラクティックにより、身体の各神経が安定すると、目と共に神経が穏やかに休まり、更に精神の安定もはかれると考えられています。

施術の流れ・施術料金へ
施術の流れ・施術料金へ