港区/浜松町/芝大門からもすぐ カイロプラクティック/骨盤矯正|おいかわソフトカイロプラクティック治療院

肩甲骨・肩こりの症状

肩甲骨・肩こりの症状

肩甲骨周辺の筋肉の症状は女性に大変多いです

昨今、女性が社会へ進出し、しかも夜遅くまでの残業によるパソコン作業が多くなりました。
カイロプラクティック理論ではサブラクセーションがある状態で、長時間のデスクワ−クによる猫背姿勢により、背骨の5番6番の椎骨に負担がかかり、首や骨盤を歪みさせ、その結果神経の流れに問題をおこし、そこに関係している筋肉へ負担をかけると言われております。

その結果、肩こりや痛みの症状があらわれます。
その症状を放っておくと、首・肩を始め全く離れている腰の筋肉へまでも影響します。

さらに、スマートフォンなどの普及によりオフィス以外にも電車・バス等など、どこでもこの姿勢を長時間作ってしまいます。
これにより、ここ数年のスマ−トフォンのさらなる普及により、肩甲骨からくる肩こりや痛みの症状は非常に多くなっています。

胃と膵臓に関連が・・・

さらに背骨の5番6番は、カイロプラクティック理論では、胃と膵臓に自律神経レベルで関連があると言われております。

●日頃から、パソコン作業中にコーヒー、チョコレートなどの甘いものをとっている方
●食後すぐにパソコン作業をやられている方
●食事をしながらパソコン作業をやられている方
●夜遅くまでパソコンやられている方

など、一見関係のない食事などからでも、パソコンやスマートフォンの姿勢によっては、肩甲骨周辺の筋肉への症状や骨盤などの歪みなどを悪化させます。

サブラクセーションによる背骨の歪みは
肩甲骨の症状はマッサージでは取れません


当院では、このような肩甲骨の症状は最初にカイロプラクティック検査により、この肩甲骨に負担をかけている背骨の歪みの根本原因となっている骨(サブラクセーション)をチェックします。

そして、この背骨のサブラクセーションを治すのはカイロプラクテイックにて調整(アジャスト)します。
カイロプラクティク理論では、カイロプラクティクのボキボキさせない手技にて、背骨の歪みの原因となっている骨(サブラクセーション)を調整することにより神経が正常に働きだすと肩甲骨周辺の筋肉の緊張が取れると考えられています。
急性の捻挫や筋肉での挫傷レベルでの症状においては、カイロプラクティックの他、湿布・包帯等の整骨による処置も同時に施術します。


日頃の予防法は

まず、肩甲骨周辺の運動です。肩甲骨は身体の構造上、腕を水平にあげるまでは肩甲骨に動きはありません。
水平より腕を上げることにより肩甲骨が使われます。

この為、四十肩など、だんだん水平より腕を上げることが少なくなって、肩甲骨周辺の筋肉が硬 くなって結果、四十肩になることが多いです。

お風呂上りでも、両腕を水平より上にあげるストレッチングをお勧めします。
また、パソコンやスマートフォンの使用中のコーヒーの取り過ぎや、甘いもの、食事をしながらのパソコン作業はやめましょう。

さらに、2時間パソコン作業をしたら、一旦イスをおり、ここでも、両脇を上げるストレッチをしましょう。

施術の流れ・施術料金へ
施術の流れ・施術料金へ