港区/浜松町/芝大門からもすぐ カイロプラクティック/骨盤矯正|おいかわソフトカイロプラクティック治療院

腰痛,腰の痛み

腰痛でお悩みの患者様へ

腰痛とは

人類が二本足で起立して体重を腰で支えるようになってからの時間は
その人類の長い歴史から見れば、 ほんの短い時間です。

したがって、骨格などの構造的には「起立歩行」に十分適合しきれていません。
そのためにほとんどの人が「腰痛」を経験するのです。

腰痛と云ってもいろいろな原因が考えられ、「厚生労働省」の調べでは、
体に感じる痛みの中でトップに上がったものが「腰痛」です。
私達にとって、とてもポピュラーな日常生活で いつでも起こりうる疾患なのです。

腰痛はなぜ起こるのか?

腰痛を起こす原因を大きく分けると、サブラクセーションによる
骨格・筋肉・血行の3つになります。

・骨格
脊柱(背骨)は一本の骨が背中に通っているのではなく、小さな骨(これを椎骨と云う)が並んでいるのです。
各椎の間には「椎間板」と呼ばれるクッションがあります。
長年の生活習慣や仕事などによって、骨格のバランスを崩してしまったり、過度な運動や不自然な姿勢を長時間とったり、運動不足により、椎間板にストレスがかかり、様々な原因により損傷します。

・筋肉
運動不足の人に多く発症するものは、ほとんどが筋肉と靭帯が原因です。
レントゲン等の検査には異常が認められず、筋肉や靭帯が硬くなっているところに、無理がかかって起こることが多いようです。
筋肉が弱ったり硬くなっているところに、曲げたり・伸ばしたり・捻ったりすると「ブラジキニン」という発痛物質を作り出し腰痛を引き起こします。

・ 血行
長時間同じ姿勢でいたりなど、様々な原因により、血液の循環が悪くなると、体に懲りが生じ、筋肉はやせて硬くなってしまい、血管の周りに発痛物質のブラギシニンを発生させます。
血行が悪くなる大きな原因は、運動不足、きつい下着、そして太りすぎです。
脂肪が血管を圧迫して収縮させてしまい、血の巡りを悪くさせてしまうのです。

イロプラクティク理論では、この3つの原因の根本は背骨のサブラクセーションと考えられています。
さらにサブラクセーションより、背骨のゆがみが発生すると、骨格に対する重力に負担がかかり椎間板にストレスがかかり、
当然それを支えている筋肉にも神経レベルでの負担がかかり更に筋肉の働きが悪い所は血流の流れも悪くなると考えられています。

尚、この背骨を治すのに当院では、カイロプラクティックを行います。
痛みのある急性の腰痛でも当院のカイロプラクティックは「ボキボキ」させない弱い刺激で行います。
安心してご来院下さい。
又、腰部捻挫や挫傷などの急性症状には、湿布包帯等の整骨処置の施術を加え、さらなる回復ををはかります。
施術の流れ・施術料金へ
施術の流れ・施術料金へ