港区/浜松町/芝大門からもすぐ カイロプラクティック/骨盤矯正|おいかわソフトカイロプラクティック治療院

徒手検査法

カイロプラクティックにおいて患部の症状だけを診るのではなく、
サブラクセーション(背骨の関節の機能異常)による
身体全体への影響を調べる検査は 非常に重要です。

カイロプラクティック理論では、身体の様々な症状はサブラクセーションとよばれる背骨の関節の機能異常による神経の伝達妨害と骨格の歪みが根本原因と考えられています。
その為カイロプラクティックでは、サブラクセーション(背骨の関節の機能異常)による身体への影響を調べる検査は非常に重要と考えられています。

カイロプラクティック専門の治療院はリラクゼーションのマッサージや、電気により一時的な症状をとるだけの整骨施術や、ボキボキする整体でもありません。
その為、最初に患部だけを診るのではなく患者様の御身体全体の状態を検査により把握し、サブラクセーションによる背骨の神経の伝達妨害や骨格の歪みの御身体への影響を最初に調べていきます。
その検査により、サブラクセーションのレベルを確定し、患者様の現在の御身体の状態に最適な治療頻度、期間を見つけていきます。
検査をしないで施術をするのはカイロプラクティック専門の治療院ではありません。
その為当院では、初診、再初診の患者様には初回御時間をとって頂き、カイロプラクティックレベルでの検査を必ず行います。
※検査等により、MRI・レントゲンなど必要な患者様は、当院の提携病院を御紹介致します。

一般的カイロプラクティック検査


当院では全ての検査を国家資格を取得しているスタッフが行います。 その為最初に一般的整形外科検査を行います。

各関節の動きを徒手により診ていきます。
神経伝達妨害と骨格の歪みが発生すると、それに関連する関節の動きが悪くなります。

背骨の運動神経に神経伝達妨害が発生すると、身体を思い通りに動かす運動神経に影響し、その運動神経がコントロールしている部分の筋肉が背骨の関節の働きにより動かしにくくなり、筋力の低下がおきたりします。

背骨の感覚(知覚)神経に神経の伝達妨害が発生すると、その感覚神経の支配している部分に痛みが強く発生したり、感覚が鈍くなり、しびれたりします。

自律神経検査はとても重要です。
神経の伝達妨害が発生すると、自律神経は内臓はじめ、全身の機能をコントロールする神経の為、内臓レベルの他、身体をコントロールする上で様々な症状が発生します。

背骨に骨格の歪みが発生すると、それを支える背骨の関節や筋肉へ負担がかかり、特に身体を支える首や腰の骨にずれや圧迫が生じ、身体の構造的に負担をかけます。

この身体を支える首や腰の骨格の状態を超音波画像観察装置により画像にて詳細に観察していきます。

神経の伝達妨害や骨格の歪みが発生すると筋肉の働きが悪くなります。
ここでは筋肉のコンディションを診ていきます。
筋肉へは血流が豊富なため、血流の状態も悪くなります。

サブラクセーション検査


この検査は非常に重要な為、毎回院長が全ての患者様へ行います。サブラクセーションの有無と今日調整するべきサブラクセーションがどこにあるのかこの検査により読み取ります。
身体への根本原因となるサブラクセーション(背骨の関節の機能異常)があると、必ず骨格の歪みが発生する為、両手両足の長さの変化が生じます。その度脈診をして身体の気力を診た後、両手両足の長さを診てサブラクセーションの有無を診ます。
次に磁石を使ってサブラクセーション(背骨の関節の機能異常)のある背骨の箇所を見つけ出します。
どうして磁石を利用するのでしょう?

身体の神経の流れは絶えず電気刺激で行われています。
この電気刺激が正常に行われていない状態、すなわちサブラクセーションのある箇所は神経の+・−の極性が正常ではありません。
これを磁石を利用してこの神経の極性に働きかけ、筋肉の緊張による両足の長さの変化を敏感に読み取り、今日調整すべき根本原因の背骨の関節の機能異常(サブラクセーション)を正確に導き出します。
施術の流れ・施術料金へ
施術の流れ・施術料金へ